悪い ウォーキング

悪いウォーキングとは

ウォーキングが体に良いと言っても、悪いウォーキング方法だと
かえって健康を損ねたり足腰を傷めることがあります。

 

ウォーキングで最良の効果を得るためにも、
自分のウォーキング方法が間違っていないかチェックしましょう。

 

まず、悪いウォーキングは姿勢に問題があります。

 

背中が丸まっていたり、体を反らしすぎたりすると
腰に負担がかかって、腰痛の原因になります。

 

正しいフォームでウォーキングしなければ
ダイエットや健康効果も上がりません。

 

背筋を自然に伸ばして目線は少し前方を見て歩くようにしましょう。

 

また、足は適度にひざを伸ばして歩くようにしましょう。

 

伸ばし切ってしまうと、逆に着地の衝撃がひざにかかってしまいますので、
適度にひざを伸ばすようにします。

 

ひざを上げるようにして歩くとひざへの負担を減らすことが出来ます。

 

ウォーキングの時に限らず、普段の歩き方も
このように変えていくのが理想的です。

 

そのほか、腹筋の使い方で歩き方や効果が変わってきます。

 

ウォーキングの時に下腹の筋肉に力を入れて、
お腹をへこませるようにして歩くと背筋も伸びやすく、
お腹の筋肉も引き締まります。

 

ぽっこりお腹が気になる人にとっても一石二鳥の歩き方です。

 

悪いウォーキングとは総じて
お腹や太ももの筋肉が正しく使われていません。

 

お腹周りや太ももの筋肉を正しく使う歩き方をすることで、
姿勢が良くなり骨盤も正しい位置にキープすることが出来るでしょう。

 

自分の歩いている姿を自分で見て確認する機会は少ないかもしれませんが、
一度自分のフォームを見直して正しいフォームを身に着けるようにすると良いですね。