ウォーキング 効果

ウォーキングの健康効果

ウォーキングは誰でも手軽に出来る運動の一つですが、
具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

 

ウォーキングの効果の一つとして、足腰の筋力強化につながります。

 

筋トレほどではありませんが、地面を蹴ったり着地で踏みしめたりすることで、
足首からふくらはぎ、太ももから腰までの
様々な筋肉を使いますので筋力が上がります。

 

筋トレほど負荷をかけることがないので、
どんな年代の人でも行えることがメリットです。

 

また、ウォーキングは有酸素運動なので、
負荷の低い運動を長時間続けることで
心肺機能がアップしたり血流が良くなる効果があります。

 

有酸素運動はダイエットに繋がったり
糖尿病の予防にも効果を発揮しますので、痩せたい人におすすめです。

 

そのほか、ウォーキングはストレス解消にも効果があります。

 

家の近所など外を歩けば自然の移り変わりや
気候の変化、景色などを楽しむことが出来ます。

 

近所で出会う人とコミュニケーションが生まれることもあって、
それらはストレス発散に繋がります。

 

スポーツジムのようなところで行うウォーキングでも、
汗をかいたり運動をすることによる爽快感がストレス発散に繋がるのです。

 

こうした運動で新陳代謝が良くなれば、
お肌の調子も良くなって美肌効果も出てきます。

 

このようにウォーキングには様々な効果がありますが、
効果を発揮するには継続することが大切です。

 

思い出したようにたまに行ったり、運動時間が短すぎるようでは
あまり効果が発揮できません。

 

1回に30分ほど歩いたり、毎日でなくても
週2〜3回は歩くなど定期的にウォーキングを行っていきましょう。

 

できれば1日1万歩が理想です。

 

継続するには同じようなウォーキング仲間を作ったり、
歩くルートを時々変えて飽きないようにする工夫をすると良いでしょう。